About “SUGAR CANE”

TEXT: 東洋エンタープライズ (TOYO ENTERPRISE)

 

SUGAR CANE(シュガーケーン)。「サトウキビ」という名を持ついかにもアメリカ的なこのブランドこそ、日本に誕生した初めての米国向け衣料メーカーである。シュガーケーンの生みの親であるTOYO ENTERPRISE COMPANY LTD.(東洋エンタープライズ株式会社)は1965年、米軍によるベトナム戦争への本格的介入を機に、日本の米軍基地関係者を対象として設立された。当初は米軍向けの衣料製造と共に国内への米軍サープラスの流通窓口としての展開も行い、ベトナム戦争が1975年に終結すると完全な国内向けの衣料メーカーへと転身。その際、米軍基地に駐屯していた将校によって「SUGARCANE」と名付けられる。シュガーケーンの誕生は日本でありながら、米軍基地を相手に育っただけにその精神も物作りのノウハウもアメリカ仕込み。当時から現在に至るまで、アメリカンスタイルのシンボルとも言えるデニム素材を中心とした本場仕込みのワークウエアを作り続けている。

 

SUGAR CANE. As you can tell from its name with such an American influence, this brand is the very first clothing label out of Japan for the American market. In 1965 when the U.S. Army properly intervened in the Vietnam War, Toyo Enterprises, the creator of Sugar Cane, was established for those involved with U.S. military bases in Japan. At that time, the company was a supplier for American soldiers in Japan and in charge of whole distribution for military surplus throughout Japan. When the Vietnam War ended in 1975, the company made a fresh start as an apparel maker for domestic market and that’s when the brand name “Sugar Cane” was given by the officer who was stationed at the Army base. Although Sugar Cane was born in Japan, its spirit and creation are true to proper American manner from the experience learned at the Army base. By mainly utilizing the denim materials, the ultimate American style symbol, the label has been manufacturing true workwear ever since.